« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012/09/30

今夜の十五夜は?

Dsc02616b

昨日の月の写真です。
今夜は十五夜
旧暦の8月15日にあたる日は、秋のお月見の十五夜の日。
今夜は台風の通過で、月を見るのは難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/29

黄色い夕焼け

Dsc_0085b


木曜日の夕焼けの写真です。
黄色い夕焼けです。この後は赤く変化していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/26

箱入り娘

Dsc02515kb


我が家の箱入り娘。
猫は箱が大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/25

秋の夕焼け?

Dsc_0041b


やっと涼しくなってきました。夕焼けも、ちょっと秋の夕焼けらしくなってきたかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/23

夕焼けの入道雲

Dsc02375b


今日は、やっと暑さから解放されました。
9月に入ってからも、暑い日が続き入道雲をたくさん見ることができました。
今思うと、もっと入道雲を見たかったです。
今日の写真は、17日の夕方の写真です。
東の空の入道雲がきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/19

今日の夕焼け

Dsc_0012b


今日は、日の出は見られましたが、その後雷雨。
大荒れの天気でした。
夕焼けはまったく期待していなかったのですが…

今月に入って一番といっていいほどの、素晴らしい夕焼けになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/18

青空のグラデーション

Dsc02273b


このところ青空がきれいです。
地上に近くなるにつれうすくなる、青空のグラデーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/17

東の空の夕焼け

Dsc02200b


昨日の夕焼けの写真です。
東の空の雲が、真っ赤に焼けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/15

カミナリ(雷)

Dsc01977b


の写真です。
稲光で積乱雲が浮かび上がり、神秘的でした。

ところで、洋菓子のエクレアの語源はフランス語のエクレール(雷)とのこと。
この名前の由来には諸説あり、焼いた表面にできる割れ目が、稲妻に似ているという説他…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/12

稲妻

Dsc01969b


が長い時間鳴っていました。深夜0時半の稲妻の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/11

金床雲から昇る朝日

Dsc01800b


今日は、日の出前から日没後まで入道雲の出ていた日でした。
日の出は、金床雲から昇りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/10

青空観覧車

Dsc01675b


残暑が続いています。この日も青空、観覧車に乗って空を見たらいいでしょうね。
私は乗りませんでしたが…。
冷房完備だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

朝の幻日

Dsc01607b

4日の朝の幻日の写真です。
9月に入り、幻日や虹が、良く見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/05

虫食い太陽

Dsc01396b


日の出の写真です。
まん丸ではなく、虫食いの太陽です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/04

猫のベッド

Dsc01586b


猫専用のベッドがあるんだけれど、なかなかそこで寝てくれない。
今日のベッドは、新聞回収袋の中。
大きくなって、尻尾も足もはみ出している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/03

幻日(雨上がりの朝)

Dsc01525pb


昨日の幻日の写真です。
一昨日から雨も朝にはあがり、きれいな幻日が出ました。
雨の降らない日が続きましたが、9月に入り空の景色も変わって行きそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/02

大きな虹

Dsc_0709b


昨夕に出たの写真です。
ズームレンズの広角でも入りきらない、大きな虹です。
右上に、副虹も少し見えます。ダブルレインボーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »