« 白鳥の赤ちゃんと雲 | トップページ | 桐の花 »

2007/05/06

なんじゃもんじゃの木

Pict0006b_1
Pict0015b2
今日の写真は、なんじゃもんじゃの木の写真です。
この木はヒトツバタゴ(モクセイ科)という木ですが、この植物以外にもナンジャモンジャの木と呼ばれている木があるようです。
まるで雪が積もったような花、近くで見ると繊細でとてもきれいな花です。
(写真をクリックすると大きくなります)

|

« 白鳥の赤ちゃんと雲 | トップページ | 桐の花 »

コメント

sunrise-sunsetさん
「なんじゃもんじゃの木」は初めてみました。
遠くから見るとカリフラワーのようですね。
また、お邪魔させてもらいます。

投稿: 銀色の梟 | 2007/05/07 18:50

銀色の梟さん、こんばんは。
このナンジャモンジャの木は、まーるく仕立ててカリフラワーのようですが、色んな形のナンジャモンジャの木があります。
まるで雪が積もっているようでしょ。今の季節になるとこの花が咲くのが楽しみです。
コメントいただき、うれしいです。私の方もお邪魔させていただきます。また温泉の情報など教えてください。

投稿: sunrise-sunset | 2007/05/07 22:55

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃもんじゃの木:

» ◆山県市のナンジャモンジャ。ヒトツバタゴは雌雄異株。うちはまだあおい。香りのあるアメリカヒトツバタゴ [てらまち・ねっと]
 どこにでもあるわけじゃないけど、岐阜では結構見かけます。ヒトツバタゴ、俗にナンジャモンジャ。  一昨年の5月、三重県の苗屋さんで1700円の株を見つけて即ゲット。  インターネットで見ると、庭に植えたけど「花が咲かない」という人もある。  接木じゃないと、花はなかなかつかないとのデータもあった。  うちでは昨年から咲いてくれたのでホッ。  最後に載せますが、香りのあるアメリカヒトツバタゴかも、と期待。    学者の分類では「雌雄異株」なんだって。「ヒトツバタゴには真の『雌株』がなく,みな明確な両性... [続きを読む]

受信: 2007/05/20 17:37

« 白鳥の赤ちゃんと雲 | トップページ | 桐の花 »